脱毛の効果をアップさせるために

脱毛の効果をアップさせるために

脱毛の効果をアップさせるために 医療脱毛の効果をアップさせるためにできることはいくつかあります。
まずは保湿剤などを使用して肌の水分を高めておくようにしましょう。肌の水分量が低下したままだと脱毛しづらくなってしまうばかりかやけどなどのダメージを負ってしまう可能性があります。そのため乾燥肌には注意が必要です。その他には医療脱毛を受ける前は紫外線に当たらないようにしておく必要があります。紫外線によって日焼けされてしまった肌はレーザーの光を分散させてしまうため、思うような脱毛効果を得られなくなってしまいます。肌の露出部位は日焼け止めを塗布したり、長袖・長ズボンを着用するなど工夫を行います。さらには医療脱毛の前後は自己処理で毛を抜くことは控えるようにしましょう。自己処理で毛を抜いてしまうことで毛が生え変わろうとする毛周期のサイクルを乱してしまうため施術を受けられなくなってしまうこともあります。このようにセルフケアをしっかりと行うことで医療脱毛の効果をアップさせることができます。

医療脱毛中に日常生活で注意したいこと

医療脱毛中に日常生活で注意したいこと 医療脱毛中に日常生活で注意することで一番重要なことは、肌のケアです。具体的には、日焼け・乾燥はNGということです。医療脱毛を行う時には、高出力の熱を伴う機器で脱毛することになりますので、肌が一時的な軽い火傷状態になっています。といっても、目に見えて火傷していたり、赤みが出るということは多くないのですが、気をつけなければいけないのは、自宅に帰ってからのケアです。肌がとても乾燥して敏感な状態になっていますので、保湿をしっかりすることと、外出する際に日焼けを絶対にしないことがとても大切です。うっかり、ケアをしないまま外出し、日光にあたると、赤みが出たり、ひどいものだと黒ずんだ点々とした火傷の痕が残るようになってしまいます。ですので、特に夏場や紫外線の多い時期にはしっかりと肌をカバーして、保湿・日焼け対策をした上で外出するように気をつけることが大切です。
もしも肌に異常が出た場合は、医療機関にすぐに連絡し処置を受けましょう。